詳しい知識と技術を学ぶ

専門学校に行くことで、メイクの勉強ができます。
自己流では、正しい方法を覚えるのが難しいです。
知識と技術を持っていないと、芸能人の専属メイクアップアーティストになれません。
専門学校で、講師に教わってください。
またそこで、資格の獲得もできます。
メイク関係の資格を持っていなくても、メイクアップアーティストだと名乗ることはできますが、資格がないと信頼されません。
仕事を進めやすくするために、資格を持っていた方が良いです。

無事に知識と技術を養うことができたら、芸能事務所に自分を売り込んでください。
技術が認められたら、芸能事務所で雇ってくれます。
そこでたくさんの芸能人に、メイクを施してください。
自分がどんな知識と技術があるか、口頭だけで伝えてもわかってくれないでしょう。
簡単に自分の才能を伝えるためには、実際にメイクを施した人の写真を見せるのが良い方法です。

どうすれば、もっと相手の魅力が伝わるのか考えてください。
顔の形や目や鼻のパーツによって、似合うメイクが変わります。
また芸能人はテレビや雑誌の仕事など、複数のバリエーションがあります。
どこで撮影するのかも考慮して、最も合うメイクを施しましょう。
芸能人の、イメージを壊さないようなメイクも大事です。
その芸能人に決められたイメージがあるので、守らないとファンが減ってしまいます。
たくさん考えることがあるので、芸能人専属のメイクアップアーティストは難しいです。

自分の手で美しくしよう

自己流では、勉強できることに限界があります。 またメイクアップアーティストになるまでに時間がかかるので、専門学校に行ってください。 そこなら講師がいるので、わかりやすく教えてくれます。 メイクに関する資格も獲得できるので、たくさん勉強してください。

才能をアピールすること

専門学校を卒業して、有名なサロンの就職する人が多いです。 すると芸能関係者の目に留まって、事務所で働けるようになるかもしれません。 また、チャンスは自分で掴んでください。 事務所にメールや手紙を送って、専属メイクアップアーティストになりたいと伝えても良いでしょう。

相手に合うメイクを判断する

芸能人の顔の特徴を捉えて、その人に最もふさわしいメイクをしなければいけません。 また、芸能人にはイメージがあります。 イメージを壊さないようなメイクをしたり、ドラマの撮影なら監督の意向を聞いてメイクをしてください。 自分勝手なメイクは、してはいけません。

おすすめリンク

アヴィラステージの特徴

様々な芸能プロダクションがある中で、アヴィラステージにはどのような特徴があるのかをまとめました。

TOP